実習生と基礎級ビルクリーニング検定に行ってきました

9月6日(月)実習生の、基礎級検定に同行しました。

9がつ6にち(げつようび)じっしゅうせいの、きそきゅうの しけんに いきました。

事務局2名で、実習生8名を引率したのですが、

きょうかいが ふたりと、じっしゅうせい 8にんと いっしょに いきました。

電車移動のため、駅で待ち合わせるグループ、家まで迎えに行くグループと

でんしゃで いきました。えきで あう ぐるーぷと、いえに むかえに いく ぐるーぷと

二手に分かれ、途中で8名が合流して予定通り会場に到着しました。

わかれて、とちゅうで 8人が いっしょに あって しけんの ばしょに つきました。

 

電車に乗ることが初めての実習生は、

でんしゃに のるのが はじめての じっしゅうせいは、

切符を買うのも初めて、自動改札を通るのも初めてで、良い経験になったと思います。

きっぷを かうのも はじめて、じどうかいさつを とおるのも はじめてで、よい べんきょうに なりました。

(しかし、窓の外の景色の流れが速くて、少し体調が悪くなった実習生もいました💦)

(でも、でんしゃの すぴーどが はやくて、すこし たいちょうが わるくなった じっしゅうせいも いました)

 

受付で体調管理票を提出し、検温、手指消毒をしてオリエンテーションを受けました。

うけつけで たいちょうかんりひょうを ていしゅつし、けんおんと、ての しょうどくをして せつめいを うけました。

全員で学科試験を受け、その後2名ずつ順番に実技試験を受けました。

ぜんいんで がっかしけんを うけて、そのあと ふたりずつ じゅんばんに じつぎしけんを うけました。

試験を終え、控室に戻ってきた実習生達は興奮気味でした。

しけんが おわって、ひかえしつに かえってきた じっしゅうせいは こうふん していました。

力を発揮できた実習生もいれば、

れんしゅうどおり できた じっしゅうせいも いましたが

思うようにできなかった事を一生懸命伝えてくれる実習生もいます。

れんしゅうどおりに できなかったと いっしょうけんめい はなす じっしゅうせいもいます。

とにかく、落ち着いて日本語で話してもらい、

とにかく、おちついて にほんごで はなしてもらい、

ようやく、どんな様子だったかを知ることができました。

ようやく、しけんの ようすを おしえてもらいました。

 

試験会場が大阪だったこともあり、

しけんの かいじょうが おおさかで おおきなまち  なので

帰りは、大きなビルをバックに写真を撮っている実習生もいました。

かえりは、おおきな びると いっしょに しゃしんを とっている じっしゅうせいも いました。

全員が、1回で合格できることを祈っています。

ぜんいんが、1かいで ごうかく できるように いのっています。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公益社団法人京都ビルメンテナンス協会(KBMA)
〒612-8419
京都市伏見区竹田北三ツ杭町45番地アイビー・ビル2A