実習生を訪問しました ~じっしゅうせいに あいに いきました~

先週、実習生たちの配属先や会社、寮へ訪問しました。

じっしゅうせいの しょくばや かいしゃや いえへ いってきました。

まず、1社目。現場で働いて3日目の、ホテルの詰所に伺いました。

1ばんに、しごとを はじめて 3日めの ホテルの しょくばへ いきました。

顔を見るなり実習生は大きな声で「こんにちわ!」と

キラキラした笑顔で挨拶してくれました。

じっしゅうせいは おおきなこえで 「こんにちわ!」と

わらって あいさつしてくれました。

その後も会う人全てに「〇〇さん、お疲れ様です!」と

元気に挨拶している姿に感心していると

それから ぜんいんに 「〇〇さん、おつかれさまです!」と

げんきに あいさつをしているので うれしくなりました

「メモを取ってモノの名前と人の名前を覚えています」と 教えてくれました。

「メモを かいて ものの なまえと ひとの なまえを おぼえています」と はなしてくれました。

 

 

2社目は、会社に伺い、仕事帰りの実習生に会いました。

2ばんに、しょくばから かえってきた じっしゅうせいと かいしゃで あいました。

通勤途中の景色が綺麗で、梅の花が咲いていることや

しょくばへ いくみちに きれいな ばしょが あり、うめの はなが さいている ことや

休みの日に花を見に行った写真も見せてくれました。

やすみの ひに はなをみた しゃしんを みせてくれました。

お弁当に作っていったベトナム料理を、会社の方にお裾分けしたそうで、

会社の方がとても美味しかったとおっしゃっていました。

おべんとうを つくって ベトナムりょうりを かいしゃの ひとに たべてもらい

かいしゃの ひとが とても おいしいと いっていました。

 

3社目は、寮へ伺いました。

3ばんに、じっしゅうせいの いえへ いきました。

現場の主任の方とともにお話しました。

しょくばの しゅにんさんと いっしょに おはなしを しました。

考えながら、一生懸命日本語で伝えようとしてくれる姿に熱いヤル気を感じました。

かんがえながら、がんばって 日本ごで はなすので うれしく なりました。

仕事を覚えるのも早いそうです。

しごとを おぼえるのも はやいと しゅにんさんが いっていました。

「(一緒に入国した)他の実習生には会いましたか?」

いっしょに にゅうこくした ともだちに あいましたか?

「(他の2社の)実習生の家まで歩いて行けますか?」

ともだちの いえまで あるいて いけますか?

「次は(監理団体の私たちと)いつ会えますか?」

つぎは きょうかいの ひとと いつあえますか?

など、質問が止まりません。

たくさん しつもんが ありました。

8人で空港を出発した時の様子や、他社で働いている友達の写真をみて、

喜んでくれていました。

8人でくうこうで とった しゃしんや、ほかの かいしゃで はたらく ともだちの しゃしんを みて よろこんで くれました。

 

 

お話をしていると、どの実習先も実習生を暖かく迎えてくださっていることが伝わってきます。

ぜんぶの かいしゃが じっしゅうせいに やさしくして くれます。

困ったことや、心配なことにも、その都度対処していただいているそうです。

かいしゃの ひとは こまったことや、しんぱいなことも、そうだん してくれます。

1か月後の実習生がどんな風に成長しているのか、会える日が待ち遠しいです。

4がつに じっしゅうせいが にほんごや しごとを どのくらい おぼえているか、はやく あいたいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

公益社団法人京都ビルメンテナンス協会(KBMA)
〒612-8419
京都市伏見区竹田北三ツ杭町45番地アイビー・ビル2A